売上状況を正確に把握することができる販売管理システムを構築する際に営業人として考えるべきポイントについて、システム導入コンサルタントが、過去の導入支援事例を交えて解説しております。

-記事一覧-

Vol.1 販売管理システム導入時のコードの決め方

Vol.2 販売管理システムの統計機能に関する検討ポイント

Vol.3 販売管理システムの受注入力効率化

Vol.4 販売管理システムの販売単価設定方法3パターン

Vol.5 分納に関するシステム導入前の要注意点

Vol.6 営業サイドからみた販売管理システムの”在庫”の用語定義

Vol.7 販売管理システムの通貨と為替計算のポイント3点

Vol.8 販売管理システムで「納期」をどう保持するか

Vol.9 販売管理システムにおける「予実管理の粒度」について

Vol.10 販売管理システムで「商品の過不足」をどう確認するか

Vol.11 販売管理システム海外展開時の「売上計上基準」について

Vol.12 販売管理システム立ち上げ時の「データ移行」について

Vol.13 出荷後の返品や単価変更を販売管理システムにどの様に反映するか。

Vol.14 請求先と送り先の違いと販売管理システム上での取り扱い

Vol.15 販売管理システム上での預託在庫の管理

Vol.16 過去受注の単価変更業務に関する注意点

関連記事